FC2ブログ

しんいちが行く!

日本に、自由と繁栄の未来を! 幸福実現党・武田慎一が、日本の国防・経済政策・教育について、熱く語る!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「日本人が忘れてはならない言葉」2 《朴 鉄柱》

◆朴 鉄柱
(韓国 平成二年一月逝去・六十八歳 、韓日文化研究所 昭和四十二年十月)

現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、
そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。
平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。

それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。
最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。
”事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。

それは日本の武士道の発露であった。
日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。

それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
日露戦争と大東亜戦争ーこの二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした

この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。
スポンサーサイト



| 愛国精神 | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |